エアラインの就活に使う写真はどんなもの?全身写真が必要なところは?

これから就職活動を始める大学3年生です。地方の国立大学で、経済的にスクールに通うことができず、企業研究、自己分析等どう進めればいいのか分からず、不安です。写真についての質問を拝見しました。そもそも、エントリーシートにどんな写真を添付すればいいのか分かりません。歯を見せて笑っていいのでしょうか。また全身の写真を添付するところがあるのですか?長々と失礼いたしました。どなたかお教えいただけると幸いです。(ペンネーム:もちこさん/大・専門・短) 先輩からの回答
エアラインの就活に使う写真はどんなもの?全身写真が必要なところは?

こんにちは。日系CAのミカです。
エントリーシートに必要な写真ですが、ほとんどのところで必須なのが3センチ×4センチの証明写真です。
エアラインの場合は、写真の印象がとても大切です。
スピード写真ではなく、しっかりと写真館(スタジオ)で、笑顔の写真を撮ってもらいましょう。必ず歯を出さないといけないわけではありませんが、歯を出したほうが笑いやすく、明るい印象になります。前髪を斜めにするなど、おでこを出すと明るくて知的な印象になります。
エアラインの写真プランを設けているところは、エアライン用の証明写真のことをよく知っているところが多く、表情や姿勢などを確認してくれます。

全身写真が必要なところはかなり少なくなっています。
10年前はJALやANAでも必要でしたが、今は証明写真だけで、全身写真は必要ありません。
昨年だと、AIRDO、JTA、J-AIR、FDAくらいでしょうか。
外資系(特にアジア系)だと、必要なところが比較的多いですね。
もちこさんがどの航空会社を受けるかで、写真を用意するといいと思いますよ。

スカイパスポートからの一言

もちこさんのように、スクールに通うことが難しい方や、ご自身で対策をされる方のサポートとして、11月中のお届けを目指して、スカイパスポート自己分析ワークブックを作成中です!
また、ES添削サービスや、2017年版過去質問集も準備中ですので、ぜひ利用してくださいね♪
スマホサイトでは、写真館検索のページが11月オープン予定ですので、こちらも参考にしてください。

CA・グランドスタッフの先輩へ質問する
ページTOPへ