航空会社のGSか総合職に就きたいです。大学の第2外国語は英語以外に、どの言語を学んでおくべきでしょうか?

春から大学生で、第2外国語を選ばなければなりません。中国語、韓国語、スペイン語、フランス語、ドイツ語があります。
私は航空会社に就職して、グランドスタッフか総合職につきたいと考えています。
英語以外にこの言語を学んでおくべきという言語がありましたら、教えていただきたいです。(ペンネーム・マナさん/高校生)
先輩からの回答
航空会社のGSか総合職に就きたいです。大学の第2外国語は英語以外に、どの言語を学んでおくべきでしょうか?

マナさんこんにちは。日系エアライン12年目のユカコです。第2外国語は私も必修であり、フランス語を選択して学んでいました。はっきり申し上げますと、何でもいいと思います。というのは、第2外国語を仕事で活かせる、または選考で評価されるということはほとんどないと思うからです。
選考や仕事で第2外国語が評価されるとしたら、基本的なコミュニケーションに困らないレベルの場合です。私の個人的な印象ですが、ほとんどの方が“必修科目だから止むを得ず”大2外国語を履修し、教養のひとつという程度で仕事に影響するものではないです。
もちろん、第2外国語を活かして活躍する方もいらっしゃいますが、その方達は必修だからではなく、大学入学時にはすでに英語堪能で、能動的に第2外国語を学んだ方々がほとんどです。マナさんの英語力がわからないので参考までにですが、後輩を見ていて思うのは、英語が苦手な人が本当に多いです、、、。あと日本語も、、、、笑。
第2外国語は仕事でどれが活きるだろうということではなく、少しでも興味のあるものでいいと思います。全然興味がない語学の勉強は苦痛です、、、。
まず英語をそれなりのレベルにして、余裕があれば第2外国語も頑張る、くらいでいいのかなと思います。総合職なら中国語かなぁ、、、と思いますが、それもネイティブレベルであれば活きるとは思いますが、、、教養のひとつとして楽しみながら学ぶことがいいのかなと思います。頑張ってくださいね!(日系CA・ユカコ)

スカイパスポートからの一言

高校生の方から第2外国語の選択について多くご質問をいただきます。ユカコさんのおっしゃるように、まずは英語、もちろん日本語も(笑)。ただ、英語以外の外国語を学ぶことで視野が広がるのも確かなので、語学だけでなく文化も含めて楽しんで学べるといいですね。

CA・グランドスタッフの先輩へ質問する
ページTOPへ